本年の参拝案内
by myou_sanpai
満願寺
満願寺は、示現山と号する日蓮宗の寺院で、もともとは西ノ京にあって、 天慶三年(940)に北野朝日寺の最珍を開さんとして創建されたと伝える。
当時は真言宗に属し、北野天満宮の御供所であった北野七保のなかの五の保社ともなっていた。その後、元禄十年(1697)に日蓮宗へ改宗するとともに、元禄十五年に現在地へ移転してきた。
 f0207713_2254541.jpg
本堂は、移転後まもなく元禄十五年から宝永元年(1704)にかけて造営されたもので、京都市内に残る日蓮宗の一般寺院本堂のなかでは古い方に属する。建築的には、桁行三間・梁行一間の身舎(もや)の四周に一間幅の裳階をまわして背面に内陣部を突出し、さらにその後方に土蔵造の奥尽を付設した複合建築で、変化に富んだ外観をみせている。また、その内部の地からずよい空間構成には近世的特色がみられ、日蓮宗本堂の近世遺構の一例として貴重である。
 境内にはこの他、当時が現在地へ移転してきたときのものとして鐘楼手水舎、表門、文子天満宮本殿・拝殿などが残っており、位置が一部変更しているものの、江戸時代中期における日蓮宗の一般寺院の寺観を良く伝えている。
[PR]
by myou_sanpai | 2012-03-05 22:55 | 満願寺
<< 鎮宅妙見宮 日體寺 東日本大震災 >>