カテゴリ:三寳寺( 1 )
H30年は戌の妙見宮 鳴滝三寳寺
当山は寛永5年(1628年)右大臣菊亭(今出川)経季卿と中納言今城(冷泉)為尚が後水尾天皇の御内旨を受け中正院日護上人を御開山に迎え建立された日蓮宗 中本山で、「金映山妙護国院三寳寺」の号は後水尾天皇より賜ったと伝えられています。
爾来、大いに栄え塔頭寺院は十二ヶ寺を数え、開山日護上人、二祖日英上人、三祖日逞上人の学徳を慕って笈を負い来る者、また文人雅客の杖をひく者数多くありました。 特に茶道宗徧流の流祖山田宗徧(1627~1708)は若年の時、東谷の塔頭「凉池院」に住し茶室「四方庵」にて茶道に専念しついにその奥義を究めました。後年彼は江戸に入り赤穂義士の大高源吾に吉良邸の茶会の日を教え討ち入りを助けたことで有名です。
現在その「四方庵」旧跡には十世山田宗徧家元によって記念碑が建てられています。幕末維新の変動と堂上貴紳の東上等により一時衰微荒廃をみましたが、昭和天皇の即位式の建物を下賜せられ本堂とし、また妙見堂改築、大黒堂再建をはたし寺観を整え現在に至っています。




[PR]
by myou_sanpai | 2018-02-01 01:00 | 三寳寺