本年の参拝案内
by myou_sanpai
<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
伏見大手筋の妙見さん
f0207713_15352946.jpg
本教寺は、山号を福昌山(ふくしょざん)といい、文禄三年(1594)、日新上人の法孫・教行院の日受上人により創建されました。
日受上人は当初は西浜堺町(伏見区)に小庵を創建したのですが、徳川家康の第二女・良正院督姫の篤い帰依を受けて、慶長十九年(1614)に、督姫が十六才で姫路城主・池田輝政の令室として嫁ぐことになった際に、その館と敷地を寄進されて現在地に移転しました。
督姫は幼少時より、当時伏見城にいた太閤豊臣秀吉に寵愛され、池田家との媒酌も秀吉が自身買って出たとも伝えられます。当時秀吉から督姫が賜ったという伏見城の牡丹は、現在も境内で花を咲かせていることから、本教寺は、豊公遺愛 督姫手植えの牡丹のある寺、「慶長牡丹の寺」として親しまれています。(毎年4月中旬頃に開花)
本堂は、約二百七十年前の建築で、享保年中(1716)、近衛関白家の寄進により「堀川御殿」が移築されたもので、千鳥破風に加え唐風の庇を持った豪壮華麗な建築美を見せています。本堂に祀られる本尊は、妙法蓮華経宝塔1塔、多宝・釈迦 如来、上行・浄行・無辺行・安立行の4菩薩、日蓮大聖人像、持国天・毘沙門天・広目天・増長天の四天王の木造十二体によって構成されています。これらは作者不明ですがいずれも文禄年間の作名があります。
また左側の須弥檀には、大覚大僧正、日親聖人、加藤清正の木像三体、右側には良正院督姫の自画像、鬼子母神像、十羅刹女像が祀られています。
境内には、大きな妙見宮があり、池田家伝来の北辰妙見本尊が祀られています。
建物は元禄年間(1690頃)の建築で「開運処」と呼ばれています。堂内には中央に、北辰妙見大菩薩、左に七面天女と大黒天、右側に鬼子母神が祀られています。
この妙見大菩薩は、日蓮聖人の直弟子で加持祈祷の名手といわれた日法上人直伝のものが、その後池田家に伝わり、池田輝政と良正院督姫の遺言により、本教寺境内に池田家祈願所として祀られたものということで、開運除厄の「大手筋の妙見さま」として「十二支妙見めぐり」の「午(南)」の寺として信仰を集めています。


[PR]
by myou_sanpai | 2014-02-19 15:17 | 本教寺